発毛のアドバイスをする医者

薄毛の違いと間違った治療のデメリット

薄毛と一口に言っても、様々なタイプがあるので、治療する方法も違いがあります。インターネットで薄毛を調べるとほとんどが男性型脱毛症(AGA)の話が言及されていますが、その他にも円形脱毛症や脂漏性脱毛症、牽引性脱毛症などがあります。特にAGAでは頭頂部や前髪の生え際が薄く進行していく症状で、円形脱毛症で頭頂部が大きな円形に禿げあがったとき、AGAと勘違いしてしまう人もいるようです。ここでAGAだと自己判断して治療を開始してしまうと、髪の毛に大きなデメリットを生むことがあります。円形脱毛症の原因は未だに解明されていませんが、強いストレスや何らかの異常によって自己免疫システムが狂い、髪の毛を作る細胞を異物として攻撃することから、毛が抜けるのではないかとされています。AGAでは男性ホルモンのDHTと呼ばれる物質が原因とされるため、治療のためのアプローチに違いが出ます。円形脱毛症の治療と言えば、ステロイド剤などの投薬や注射を行いますが、AGAのつもりで専用の治療薬を使用すると、毛が生えてこないばかりか、その薬の副作用ばかりが現れるというデメリットが発生します。また、脂漏性脱毛症では皮脂の過剰分泌による頭皮のトラブルとなりますが、AGAのつもりで治療してもデメリットしかなく、頭皮の状態が悪くなって余計に髪の毛が薄くなっていきます。薄毛とは髪の毛の密度が薄くなって、頭皮が目立つようになることなので、基本的には育毛や発毛に気を遣っていればいいのですが、原因の治療を行わないと進行するものがほとんどです。そのため、放置しても治らないのに加え、間違った治療方法では悪化することもあるので、症状を自己判断するのではなく、必ず一度は専門のクリニックなどで受診するようにしましょう。そうすることで、症状が判明するだけでなく治療方針やその方法が分かるはずです。

薄毛を改善するためだと信じて行っている貴方の対策、実は薄毛を更に悪化させる原因になってしまっているかもしれません。本当にその対策があっているかどうか当サイトでチェック!